C#は電気羊の夢を見るか?(引っ越し中)

dtiブログが閉鎖とのことでhttp://tanocs.blog.fc2.com/へ引っ越します。

使い捨てメアドを本当に使い捨てる

取得に情報入力が不要で、破棄も自動的。
本当にページを表示してすぐに使えるメアドサービス。

その名も「10分メアド」
http://10minutemail.com/10MinuteMail/

前は英語のみだったんだけど、いつの間にか日本語に対応してた。


使い捨てメアドを登録すると、そのサイトからメールが来たり、
結局ゴミを片付けるなどのメンテが必要だったりして、
「使い捨て」できていないメアドが増えてきてしまってたのだが、
これで、そういう煩わしさからおさらばできる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Windows7でWindowsXPのペイントを使う

かなり高機能なったWindows7のmspaint

しかし、使い慣れない部分も多く、あの機能がなくなったなぁ・・・
と思うことも多い。
なんか、この行はどこかで見たような気がするが気にしない。

そこで、使わなくなった正規XPのCDを破棄したり、中古でPCショップに渡さず、
XPをインストールしていた時にバックアップをしたmspaint.exeさんを
Windows7マシンにコピーし実行しましょう。

すると、ちゃんと懐かしのあの画面が出てきます。
機能的な制限もなく、exe一つで簡単に実行できます。


HDDがクラッシュして使わなくなった古いPCからリカバリCDをもらったりすれば、
権利的にもグレーにはなると思う。

くれぐれも友人のパソコンや学校、職場のパソコンからコピーだけしないように。
ホログラムに輝く正規CDを胸に行うこと。


ちなみにXPのバージョンである5.1は、ほぼそのまま使えるのですが、
2000のバージョンである5.0はjpeg保存ができなくなります、トホホ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Windows7で64bit版WindowsMediaEncorder9を使う

事の始まりは、自分の周りが「TERAやるぞ!」と騒ぎ出し、
「じゃぁ、とりあえず・・・」と自分も持っていたアカウントでベータの抽選にとりあえず登録した。
そしたら自分だけ当選するという事態に見舞われ、配信しろ!と言う事になった。

しかし、不特定多数への配信はまずかろうということで、
何年かぶりにWMEのお世話になることになった。

ところが、ニューマシンは64bitのWin7。
案の定つまずきまくったので配信にいたるまでの方法をメモっとく。


まず、以下の二つを用意

Windows Media Encoder 9 Series x64 Edition
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=cc41218d-7e37-4546-bf0b-1276959ee3ef

SCFH DSF
http://mosax.sakura.ne.jp/fswiki.cgi?page=SCFH+DSF



設定を終え、さぁ起動というところで以下のエラーが出た場合の対処
パラメータが間違っています(0x80070057)



問題はwmex.dllがシステムに登録されていないのが原因ということで
regsvr32にて登録を行うのだが、
regsvr32 "C:Program FilesWindows Media ComponentsEncoderwmex.dll"
というような半角空白を含むパスは、レガシーな指定方法の名残で指定できない。

そこで
regsvr32 "%programfiles%Windows Media ComponentsEncoderwmex.dll"
というような方法で指定ができるとのこと。
多分デスクトップとかシステムフォルダの一部も応用で指定できるんだろうなぁと思う。


しかしながら、これも実行すると以下のエラーが出る

モジュール"C:Program FilesWindows Media ComponentsEncoderwmex.dll"は読み込まれましたが、DllRegisterServerへの呼び出しはエラーコード 0x80070005 により失敗しました。
この問題の詳細については、エラーコードを検索語として入力してオンラインで検索してください。



これは管理者権限を持たないレベルでコードが実行されたかららしいので、面倒だが、スタートメニューより
すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプト と辿り
コマンドプロンプトを右クリック”管理者として実行”で起動する。
そして先程のコマンドをペーストしてやればようやく登録が完了する。


よしこれでOKかと思いきや、まだダメ。

ソース 'ソース 1'のセットアップ中に次のエラーが発生しました。
パラメータが間違っています。(0x80070057)


等というエラーが出た場合、そいつはステレオミックスが無いからとのこと。
あぁ、そういえばWindows付属標準ドライバで放置したままだったので、最新のメーカードライバを入れてステレオミックスが・・・無い!


しまった、非対応のモデルだったのかと思いきや、
同じマザーでWindowsXPでは出来てるっぽいブログを発見・・ドライバが違った?

とよくよく調べてみればWindows7では、これを標準で隠匿するそうな・・・なんでそんな仕様にした。


そんな訳で以下の画像を参考に設定してくりゃれ。




これでようやくできたよ・・・長い道のりだった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

エクセルファイルの読み取り専用を促す方法

(1)[ファイル(F)]-[名前を付けて保存(A)] をクリックします。
(2)[ツール(L)]-[全般オプション(G)] をクリックします。
(3)[読み取り専用を推奨する(R)] にチェックを入れて[OK]で確定します。

または
(1)[ツール(T)]-[オプション(O)] をクリックします。
(2)[セキュリティ] タブをクリックします。
(3)[読み取り専用を推奨する(E)] にチェックを入れて[OK]で確定します。
(4)ファイルを保存します。


●解除方法●
(1)ファイルを開いてメッセージが表示されたら「いいえ(N)」を選択します。
(2)[ファイル(F)]-[名前を付けて保存(A)] をクリックします。
(3)[ツール(L)]-[全般オプション(G)] をクリックします。
(4)[読み取り専用を推奨する(R)] のチェックを外して[OK]-[保存(S)] をクリックします。
(5)ファイルを置き換えるかどうかメッセージが表示されたら[はい(Y)] をクリックします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

オーバーレイを占有するアプリ

昔検証していた透明なウィンドウの作成と言うのがある
未だに「これだ!」と言う解が無く、
今もその解を求め模索を続けている最中だったりする

その解っぽいのの糸口をつかんだ気になったときに、
オーバーレイの検証が必要になり、
非常に使い勝手が良かったのでメモ。

このソフトは、オーバーレイを占有して
他ソフトでオーバーレイを無効化する。

OLC
http://mosax.sakura.ne.jp/fswiki.cgi?page=Other#p0

使い方は至極シンプルで、実行するだけ。



ちなみに、その結果は
ドライバなのか、OSなのかDirectXなのか良く分からないけど、
セカンダリモニタではうまく出来た。

んでその解をオーバーレイに求めたんだけど、駄目でしたと言う落ち。
なんなのこれ・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

秀丸の置換時の正規表現

なぁんと無くいつも避けていた正規表現での置換。
使いこなせるとかなり便利なので、ちょいとメモ

今回の肝はfの使い方

「.1 」を「.1 」に変えたいとする
検索は「.[0-9]f 」とし
元の文字を取得する¥0が「.[0-9]」¥1が「 」となる

これに置換を行うので
「¥0 」とするだけで目的の結果が得られる。


ちなみに「.11 」がこれだと取れないので
検索は「.[0-9][0-9]f 」で置換はさっきと同じ「¥0 」で良い
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

HLSL開発支援ツール

本家サイトである http://intelishade.net/ が閉鎖してしまっている為に InteliShade 3.1 を探しても探しても見つからない。


もうだめだ、きっと僕はHLSLを組む環境を手に入れる事ができないんだと不貞腐れていたら、nVidia様からHLSL及びCuda向けの開発環境が出ているじゃ有りませんか。
ただ、英語サイトで登録が必要との事でまだ試してない・・

http://developer.nvidia.com/object/nexus.html


他にも見つけたツールをメモ

Rekisa 三つ以上のテキストを一気に比較できる優れもの

常用はdf.exeなのだが、こいつは3つ以上は出来ないので、
例えばバージョンA+Bから作ったCのチェックとかするときに重宝しそう
http://download.goo.ne.jp/software/contents/soft/winnt/util/se308760.html


ViEmu Visual StudioをViっぽく使えると言う代物。
自分向け、と言うより職場の某人向け
ただ、$99のシェアウェアだったりする。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

IMEのよさ

一時期、といっても高校生時代だから、かれこれ10年ほど前、
ATOKをこよなく愛し、IMEのゴミっぷりに嫌気がさしていた、
あの頃をふと思い出す出来事がある。

それはGoogleがIMEにけんかを売り始めたんだそうな
http://www.google.com/intl/ja/ime/

携帯電話のように素早く出てくる候補、
WebDBを利用した流行に敏感な単語ライブラリは何よりも魅力を感じる。


私がATOKをあきらめた理由に、
「どのパソコンにでも入っている物ではない」
という一番大きな理由に悩まされた経緯が有る。

入力結果がATOKとMS-IMEでは大きく異なる為、
専門学校にあったPCでの入力作業に苦労する
という問題を抱える事になった為、当時の私は泣く泣くATOKを手放した。


時と環境が変わり、職場なら有る程度のツールのインストールは許容されるが、果たしてこれはどうなんだろうか。。。
とりあえず、最近専ら人柱専用機と化している職場のパソコンに入れてみるかな。


追記:
「カタカナ語英語辞書」や「郵便番号変換ができない」とお嘆きのあなたに、Ctrl+ShiftでIMEと瞬時に交換できますよ。

これでIMEでうまく変換できなたのになぁ、という場合もとりあえず対処可能。

評価は今のところは「普通」といった感じ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

仮想ウェブカメラ

とある映像テストにどうしても仮想デバイスが必要だった時、
こいつの存在を思い出した。


と言っても、ここで紹介するツールはニコ生で既にかなり有名な『SCFH DSF』

これは純粋に仮想Webカメラツールだったりもするので、
ARToolKitなんかと組み合わせる事も可能だったりする。


http://mosax.sakura.ne.jp/fswiki.cgi?page=SCFH+DSF
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

PDFから画像を抽出する2つの方法

インストールが不要で、とりあえずexeに対象pdfをドラッグ&ドロップだけで楽に抜き出せるのがExtract JPG from PDF

コチラからダウンロード可能


ただ、中身が実はjpgじゃ無かったりした場合は、こいつじゃ無理なので、PDF Explorerをつかう。

ここからダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

レジストリモニタ

昔、と言ってもネット草分け期なのでいまから10年ほど前、
レジストリモニタが欲しくて欲しくて仕方なかった。

アプリを指定して、そのアプリがどのレジストリを参照しているか解れば問題解決できるプログラムが多かったからだ。


明らかに正常な状態でのアップグレードができない事や、
なぜか出てくる旧バージョンへのパッチ適応など、
邪魔なゴミレジストリ情報を消してやればちゃんと行けるはずなのに!と。

しかし、当時はそんな物有るはずも無かった。



時は経ち、今日久しぶりにこの状況にぶち当たった。

新旧バージョンを共存させると言う無茶をやっているのだから、
当然なのだが、新しいほうに適応して欲しいのに、
どーしても古い方にしか適応されない。

今まではいつのまにか「あきらめる」事が当たり前になっていたのだが、
元々いたずらして、新旧バージョンを共存させると言う無茶をやっているので『どうせなら』と久しぶり悪戯心がくすぶった。

早速検索してみると
『今はなんでもあるんだなぁ』とそう思った。

意外だったのはマイクロソフト印のついたソフトだった事。
時代は変わるもんだねぇ・・・


Process Monitor
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb896645.aspx
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

mspaint.exeのバージョンを落とす

Windowsに標準で付属してくるMSペイント
意外と便利で、どのパソコンにも入っている強みで、
結構使用頻度が高いのだが、
いつの間にかバージョンがあがっていて
あの機能が無い!と言う事もしばしば。

しかし、追加された新機能も捨て難かったりするので、
バージョンが混同出来ればなーと思っていたのですが、
意外とあっさり出来たのでメモ。


この方法はWindowsXPで無くなったWindows2000には存在した
「キャンパスより大きな絵を貼り付けようとしています。
キャンパスを大きくしますか?」
機能をWindowsXPで復活するのに使いました。

バージョンで言えばversion5.1からversion5.0に戻す方法です。
ただし、ヘルプを覗いてもバージョンは両方ともver5.1と表示されます。


方法は以下の通り。
Win2kの入っているパソコンからsystem32/mspaint.exeをコピー。
WinXPでコピーしたexeを実行すれば、ver5.0同様に振舞います。

ただし、違うバージョンのOSを使うので、廃棄予定のパソコンや
XPやVistaへバージョンアップした元の2000を使う等、
配慮が必要だと思います。一応。


ちなみに5.0ではpngが扱えなかったりします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

USBリムーバブルディスクのドライブレターを固定する

フラッシュメディア等でドライブレターを固定する必要が仕事で発生したので、
その方法をここにメモしておく。


=使うPCが固定の場合=
USBメモリを使用する各PCで以下の設定を行う

1. コントロールパネルを開く
2. パフォーマンスとメンテナンスを開く
3. 管理ツールを開く
4. コンピュータの管理を開く
5. ディスクの管理を開く
6. 当該のデバイスを選択しマウス右クリック
7. ドライブ文字とパスの変更を選択
8. 変更を選択し、設定したいドライブレターを選択
  (すべてのPCで共通となるレターを選択すること)

以上で、USBメモリを挿した時のドライブ名は固定されます。


=使うPC、メディアが非固定の場合=

あらかじめ、好きな名前でフォルダを一つ作成しておく
(ここでは仮にDataFolderとした)
そして、過去の記事に有るUSB自動実行を使ってバッチを起動する。
そのバッチに以下の内容を追加

subst x: DataFolder

これでバッチファイルが実行されるとUSB内のDataFolderフォルダが、
哨疋薀ぅ屬箸靴動靴錣譴襦


ただし、これら方法は自動実行のプログラムをあらかじめインストールするか、
一つのOSに対して一つのメディアを固定で設定する必要が有る為
”不特定多数のPCには無効”
と言う大きな欠点が有るので、気をつけていただきたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

周波数を指定して音を作成できるフリーウェア

周波数を指定して音を作成できるフリーウェア「WaveGene」のご紹介

このソフトを使った、モスキート音、デジタル蚊よけ、ねずみよけ作成方法は続きからどうぞ


このソフトはサイン波、矩形波、三角波、ノコギリ波、パルス列、ホワイトノイズ、ピンクノイズ、M系列ノイズ(MLS)の8種類の波形を、3つ同時に任意に組合わせて(ミックス)出力することができます。

さらにユーザー波形として任意の波形(Waveフォーマット、および独自テキストフォーマット)を取り込んで発生させることができます。

さらになんと、ASIOドライバにまで対応しているので、音楽シーンでの使用にも耐える設計なのです。


下記のサイトからダウンロードできます。
http://www.ne.jp/asahi/fa/efu/soft/wg/wg.html


これでモスキート音(16khz〜20khzの正弦波)を発生させて、年齢チェックしてみたり
メスの蚊の嫌う6KHz〜9KHz、16KHz〜18KHzの音を作ってデジタル蚊よけにしてみたり
オスの蚊が寄ってくるリスクはあるものの、オスがメスの位置を特定できなくなる為に繁殖力を低下させる300-500hzの音を作る事もできる。ちなみにオス蚊は刺してこないので、羽音以外は無害。

あと、似たような効果でねずみの嫌う25KHzの音でデジタルねずみよけとかも如何でしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Firefoxのブックマークを復活させる方法

職場で使っていたPCのHDDがお亡くなりになった。

データのサルベージには成功し、何とか復旧したのだが、
Firefoxのブックマークの復旧に苦労したので、
同じような誰かのために手順を記しておく。

ちなみにこの方法は、間違って消してしまったブックマークの復活にも使えるが、
戻せるのは5日前までなのでご注意を。

=WindowsXP/Firefox2.0.0.8の場合=

1.
Firefoxをすべて閉じる

2.
C:Documents and Settings[ユーザ名]Application DataMozillaFirefoxProfiles[英数字のフォルダ]bookmarkbackupsbookmarks-[バックアップの日付].html
の全内容をコピー

3.
C:Documents and Settings[ユーザ名]Application DataMozillaFirefoxProfiles[英数字のフォルダ]bookmarks.html
に先ほどコピーした全内容を上書きで貼り付ける

4.
Firefoxを起動してブックマークに反映されているか確認する


今回は全ての内容を上書きしたけど、
バックアップファイルの内容は拡張子のとおりhtmlなので、
htmlのわかる人なら内容を編集してインポートすることもできる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

フリーの仮想プリンタドライバ

通常のプリンタに出力するように、
アプリケーションからの印刷を画像として保存することができるソフト
Virtual Image Printer driverの紹介

出力はBMP・PNG・JPEG・TIFF・PDFの各形式で可能

日本語だとこの手のソフトはシェアウェアしかないので英語版ですが、
インストール時以外で英語であることを意識する事がないので、
全く気にならないと思う。

ソフトのバージョン違いや、特殊なフォーマットのソフトで
相手先のパソコンで見れない時などに重宝します。


以下のサイトにインストールの解説が有ります。
gigazine[印刷結果を画像ファイル化する仮想プリンタ「Virtual Image Printer driver」]

ダウンロードは以下のサイトから
http://sourceforge.net/projects/imageprinter
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

同時に3候補出してくれる翻訳ツール

ひさびさに「ほしかったんだよねぇ、これ」ってツールに出会った。

使い勝手によって変わるので二つ紹介

■フリートランスレーター
http://www15.big.or.jp/~t98907/freetranslator/

■翻訳Tool
http://www.asahi-net.or.jp/~tz2s-nsmr/honyaku.html


簡単に言えばウェブ翻訳の結果を横取りして、
おいしい物を使おうと言う物。

実際二つとも使ってみると、非常に使いやすい物の
やっぱり自分専用を作りたくなる不思議。

製品と言うのは最大公約数的な物しか出来ないので仕方ないない。


追記:
記事は古いけど、YahooPipsなる手があるのか
http://muumoo.jp/news/2007/12/29/0translationapi.html
http://webos-goodies.jp/archives/51064439.html
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

■春条

■春条

生息地は愛知
車と甘い物が好きな31歳
特技は無限昼寝

MONOからSharpDXを使う
変態的な手法で、
.NET Frameworkを使わずに
ゲーム作りやってます。

Search

Calender

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

Recent Entries

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約