C#は電気羊の夢を見るか?(引っ越し中)

dtiブログが閉鎖とのことでhttp://tanocs.blog.fc2.com/へ引っ越します。

のっぴきいかねぇ

世の中にはやってはならんことというのが幾つかある。
その理由や度合いは様々だが、いたしかたない事もある。

今回は標準モジュールの設計がプア過ぎて、
親ウィンドウ閉じちゃうようなひょっとこなダイアログを
さらにコンストラクタで呼び出すという、ひょっとこ面の頭にヤカン載っけて沸かしてしまうような状態のプログラムを
納期との兼ね合いでどうしても動作させるようにする方法のご紹介。

ObjectDisposedExceptionを吐いているので、それを無視すれば良い。

メッセージはきっとこんな感じで出ているでしょう
「破棄されたオブジェクトにアクセスできません。
オブジェクト名 'Form1' です。」

Program.csをこんな感じに変更

try {
Application.Run(new Form1());
} catch (ObjectDisposedException ode){
}

き、きもちわるい・・・・


まちがっても
catch (Exception e)
などと記載しないように、きっとこんなのプログラマが書いたらSEは死んでしまう。


とりあえず・・・とりあえず、これでエラーを吐かずに動く。
現場では動くプログラムこそ正義。

悲しいけど、これ仕事なのよね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://t01a.dtiblog.com/tb.php/125-ab37a366

« シェーダについて  | HOME |  配列のお話 »

PAGE TOP ▲

Appendix

■春条

■春条

生息地は愛知
車と甘い物が好きな31歳
特技は無限昼寝

MONOからSharpDXを使う
変態的な手法で、
.NET Frameworkを使わずに
ゲーム作りやってます。

Search

Calender

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

Recent Entries

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約