C#は電気羊の夢を見るか?(引っ越し中)

dtiブログが閉鎖とのことでhttp://tanocs.blog.fc2.com/へ引っ越します。

mkbundleで発行されるgccのオプション

普通にcygwinからmkbundleをやるのもつまらないので
MinGWとMSYSをつかいcmd.exeだけで処理を完結させようかと思う。


そのため、gccのコマンドを自力発行するべく
mkbundleで発行されるオプションと、
使えそうなオプションを調べてみた。

●書式
gcc「リンカへ渡すオプション」
-o「実行ファイル名」
「コンパイルオプション」
「ソースファイル名」
「オブジェクトファイル名」

●mkbundleで発行されるgccコマンド
○gcc

○-mno-cygwin
cygwin1.dllを必要としないバイナリを作る

○-g
デバッグ情報を生成する

○-o NAME
作成するバイナリの名称を指定

○-Wall
警告を表示する

○temp.c
ソースコード

○`pkg-config --cflags --libs mono-2|dos2unix`
・オプション文字列の自動生成 リンク -lフォルダ名を列挙
CFLAGS=`pkg-config --cflags mono-2`
LDFLAGS=`pkg-config --libs mono-2`

中身はオプションの情報をまとめたもの。

pkg-configコマンドを利用して展開すると以下の様な感じ
(今回は直接MinGWを利用するので-mno-cygwinは全て不要)

dos2unixは改行コードを[CR+LF] -> [LF]とする
(これも同様に不要)

○temp.o
オブジェクトファイル名
(DLLとかもここに書く)


●使用されていないけど、使えそうなオプション
-shared DLL作成用オプション(リンカオプション)
-s オプションでファイルサイズを減少させられる らしい(リンカオプション)
-O1 オー 最適化オプション(リンカオプション)
-O2 高度最適化
-O3 超高度最適化
-O0 最適化を行わない
(最適化のデフォルトは不明)

最適化の詳細はこちらのサイトが詳しい
http://www.cqpub.co.jp/interface/column/freesoft/2002/200208/08-4.htm
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://t01a.dtiblog.com/tb.php/149-f0f60cc9

« Win32用のmkbundleのオプションを、とりあえず訳してみた  | HOME |  Unity小ネタ小技集 »

PAGE TOP ▲

Appendix

■春条

■春条

生息地は愛知
車と甘い物が好きな31歳
特技は無限昼寝

MONOからSharpDXを使う
変態的な手法で、
.NET Frameworkを使わずに
ゲーム作りやってます。

Search

Calender

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

Recent Entries

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約